近い将来の共和党大統領候補の一人、とくとご覧あれ。



幅広い政治ネットワークを使い、大きなスキャンダルからも「復活」し、不屈の精神で闘うグライテン。ミズーリ州前知事である。

ペンス副大統領の助けを経てワシントンに向かっているようだ。かつて所属していた海軍を足場に使い国家安全保障会議での政治人用を狙っているとのこと。

11月の選挙とコロナの動向によっては年内のトランプ政権入りも十分考えられる。関係者には注目を促したい。