Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

日記

家族からの贈り物

日本の家族から娘への品物が今日届いた。家族全員で喜んでいる。日本製の赤ちゃん用麦茶や「喉突き」防止付きの歯ブラシ、へその緒ケース、そして日本語の絵本はこちらにないので助かる。洋服はファミリアの肌着が入っていてファミリア・デビューを果たした。その他にも日本の食材も入っていて嬉しいギフトだった。

ちなみに右上の足はアメリカ製ですゎ。

IMG_1506

大学キャンパスの紅葉

この時期に大学を歩くとこんなに美しい通りを歩くことができる。

20171106_132828

Kampai Sushi を訪れた

金曜日に、Kampai Sushi という和食レストランを訪れた。大学から車で10分ほどで、セントルイスの中心部でもトレンディな地域に位置している。

日本ではまずあり得ないネーミングで、出てくる料理も半分以上はアメリカナイズされていた。唐揚げだろうと思ってオーダーした「日本のフライドチキン」は単なる手羽先で、メインでオーダーしたチラシ寿司もカニカマなどが入っていた。

セントルイスの和食でいいと思うのはワサビだろうか。ここも同じように名前が少しアレだが、中身がしっかりしている。そう思いながら帰り道に Bob's Seafood に寄ってサーモンを数枚買って、夕食には寿司を食べた。やっぱり家での食事が一番だ。

ハロウィーンの衣装

一瞬どれを着ようか迷ってしまった!

20171029_120401

セントルイス動物園にて

今週は秋休みで授業がつぶれ、月曜日は家族と一緒に時間を過ごすことができた。それを利用して、セントルイス動物園に初めて行って来た。

まずは北口の入り口から。入園料は大人子供全て無料。駐車料金も無し。セントルイスが子育てに良い場所として知られる理由の一つである。

20171023_133452

園内に入るとハロウィーンのセットが我々を迎えてくれる。

20171023_113052

写真ではうまく伝わらないかもしれないが、結構本格的に力を入れている。他にもハロウィーンのセットは至る所で見つけた。

20171023_113047

メインアトラクションの一つ、北極グマ。水の外に出ているときもあるが、我々が訪れたときは水中に潜って遊んでくれた。

20171023_114614

今度はグリズリー。わが子の目の前で大サービス。ビックリして泣くんじゃないかと心配したが、この動物が何かも分かっていないようで、普通の顔をしていた。他の子供たちは集まってきて盛り上がった。

20171023_113510

ペンギンも人気アトラクションの一つ。この奥の入り口から建物の中に入ると、次の写真のような内部でのペンギンの集まりが我々を迎えてくれる。

20171023_113847

ペンギンの総数は百を越えるだろう。水の中に入って早いスピードで泳ぎまわっていた。

20171023_114012

動物園は大きな土地を贅沢に使っており、一日で全て観るのは無理だった。なのでまた近いうちに戻ってくるだろう。園内だが端っこのほうまで歩いてくると、このように牧歌的でゆっくりした空間がある。秋晴れの太陽がいい感じで照っていた。

20171023_123043

2頭のカバ。これ以外にも象が数頭、ライオン、チーター、サイ、キリンなどしっかり揃っている。

20171023_135507
月別アーカイブ