Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

写真

京都にて

数年ぶりの京都にて。

嵐山の渡月橋。ここは何度来ても落ち着く。
20181014_164919


嵐山の竹林を歩く。今回は奥にある大河内山荘も訪れた。
20181014_172152


嵐電の終点駅にて。金閣寺を訪れた後。
20181015_154549


南禅寺にて。この後は近くの料理屋で湯豆腐を堪能した。
20181016_110415

ノリッチ大学会議の写真

ノリッチ大学で先月開かれた学会の写真が送られてきた。数枚掲載する。

講演の最中。このスライドは自衛隊のここ数年の防衛力向上に関する内容。
091718-PAWC-Summit-2018-Day-1-39

ディスカッサントによる感想を聞く。
091718-PAWC-Summit-2018-Day-1-44

2日目の全体パネルでの討論では、米中代表による白熱した討論が垣間見られた。左側は中国出身の Zhu 教授、右側は元米軍の Maxwell 大佐
091418-PAWC-Day-2-56

学会終了後、パネリスト全員で。日本人が写真の中央に来たのは偶然だが、日の丸が中央に来たのは素晴らしい。
091418-PAWC-Day-2-105

6月訪韓時のアルバム

韓国の基金のサポートにより実現した6月の訪韓。4年ぶりである。今回はフライトのトラブルや過密なスケジュールで大変だったが、よい経験になった。何より、アジア専門家の数人と友達になることができたのは大きい。

ソウルの空港から乗った特急から眺める朝鮮半島西部の島々。午後7時ごろの景色。
20180618_195904

20180618_193752

ソウルに到着。今回滞在したのはこのランドマーク、そしてソウル市庁舎の目の前に位置するプラザ・ホテル。
20180621_050542

韓国外務省の日本担当者らとの昼食会。
4

同僚と一緒に取った昼食の場所から眺めるソウル中心部。
20180621_120051

韓国外務省に向かう途中にて。
20180620_155658

韓国議会へ向かう一行。
20180619_115807


20180619_115759

韓国の国会議員との懇談。中央と右の二人は野党だが日本の政治家との交流がある。
20180619_083250

国会見学ツアーの最中。
20180619_094016

アメリカ大使公邸のハビブ・ハウスに入る一行。
20180620_104236

公邸内。
20180620_104424

20180620_121055

当時韓国大使代行だったマーク・ナパー氏との歓談。
1

20180620_120609

2

韓国統一省での会談。
3

ノリッチ大学の博物館で発見した日本からの品物

会議の合間を縫って、ノリッチ大学の図書館を歩いてみた。小さいが綺麗だ。結構多くの学生や教員らしき人が利用している。写真の左方向にはアメリカの図書館らしくスタバが入っており、私はここでコーヒーを買って自分の発表の準備をした。

20180917_102302

そして併設されている博物館を歩いてみた。

2

アメリカの軍事系博物館らしく、歴史は独立戦争から現代まで幅広くカバーされている。

7

太平洋戦争のセクション。ここに日本関係の品物が展示されている。

5

そのセクションで見つけた日本関係の資料。JAP Bombers と、現代では受け入れられない、当時の日本人に対する侮辱表現で書かれている。

9

解説を読んでみると、三菱が生産した爆撃機の破片のようである。

8

ノリッチ大学の景色

今回の出張の目的地であるノリッチ大学の景色は圧巻だった。バーモント州中部はあと2週間ほどで紅葉が始まると言っていたが、紅葉の最中はおそらく素晴らしい景色になっていただろう。それでもキャンパスを歩くとその雰囲気の良さに心を奪われる。

これは大学中心部にある行政部。学長などのオフィスがある。
11

大学中心部から見た行政部。
3

キャンパスの建物から眺めるバーモント州の景色。
12

軍事系の大学であることもあり、キャンパスの至る所には大砲が置かれている。数年前までは戦車があったらしい。
6

今回招かれた会議の会場。右から二番目の旗は日の丸。一番左のは…北朝鮮。米軍出身の会議参加者は北朝鮮の旗の前での写真撮影を拒否していた。
1
月別アーカイブ