Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

ありえん英語シリーズ

ありえん名前シリーズ@ニュージーランド

日本では数年前、「悪魔」という名の命名が許されなかったが、今日のニュージーランドからの報告によると、それよりも遥かに奇抜な名前が法的に認められたという。

幾つか例を挙げると、

許される名前

Number 16 Bus Shelter (「バス待合所16号」、生みの親がここで会ったとか?)

Midnight Chardonnay (「真夜中のシャルドネ」、将来酒飲みの子供に育ちそう)

不可の名前

Yeah Detroit (なんでやねん)

Keenan Got Lucy (このブログには適さない翻訳になってしまう)

Sex Fruit (そのまんまやんけ)

Cinderella Beauty Blossom (悪くないとは思うが)

Fish and Chips (これは双子用、兄弟間で名前交換の喧嘩おきるだろうな)

-----
の:記事読んでて驚いたわ。正直「悪魔」が可愛くも思える。

抜粋元:http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/7522952.stm

飲む小田原

4c648be8.jpg
小田原。

フルーツドリンクです。

近くのスーパーにて。

ありえん英語の「名前」シリーズ

40455baa.jpg
今日新聞読んでいて見つけた、ナイジェリアの副大統領の名前は、

グッドラック・ジョナサン

http://en.wikipedia.org/wiki/Goodluck_Jonathan

そして奥さんの名前はペイシャンス(patience, 「忍耐」の意)。

当国は他の元英領国同様、英語での名前が未だに使われているが、グッドラックだけでなく、ジョナサンという苗字の方だけでも珍しい(普通はファーストネームに使われる、「ジョン」の正式の名)。

そういえば昔習ったフランス語の教授の名はフリーマン(「自由人」)だった。

-----
写真:http://www.tribune.com.ng/03122007/images/ss_biz.jpg

ありえん日本語シリーズ

8e151fd4.jpg
サンフランシスコの街角にて。日本人客を誘う看板だが間違った日本語を使うことにより逆に客を遠ざける効果を生み出している。

頑張ってるのは分かるんだけどね。できるだけ近い文字を使おうとしているから。

ありえん英語シリーズ

パート1

パート2

パート3

ありえん英語シリーズ・パート3

丸太小屋、$6,19。09544eb0.jpg









過去シリーズはこちら。

ありえん英語シリーズ・パート1

ありえん英語シリーズ・パート2
月別アーカイブ