Politologue Sans Frontieres 「国境なき政治学者」

ペンシルベニア大学政治学部博士課程を卒業し、アメリカ空軍戦争大学で教鞭を取った後、アメリカ中西部のセントルイス大学の政治学部で教えています。国際関係学、安全保障、東アジアの政治学を担当しています。ここ数年は日本の軍事力と文明間の紛争の研究を進めています。 このブログでの意見と表現はあくまで著者個人のものであり、必ずしも関係機関の政策を反映するものではございません。

育児

夜に近所を散歩していると…

妻の提案で、ここ最近は夕食後の明るい時間に家族で近所を散歩している。夏のセントルイスは午後8時ごろまではまだ明るく、気温も20度くらいである。赤ちゃんを体の前に抱き、数十分間歩き続ける。

とても安全な地域に住んでいるので歩いていても安心できる。事実、近所の家を見ると夜になっても庭に遊び道具を置いておいたままにしているし、車庫のドアも開いたままにしている。車を駐車するのもガレージの中ではなく、その外に置いており、路中もしている。

人種的に言えば住人の95%は白人のエリアであるため、散歩の途中で会って挨拶をする人たちもほとんどが白人である。こちらが赤ちゃんを抱きかかえているため安心するのだろう、向こうも積極的にこちらに寄ってきて、赤ちゃんを見て挨拶してくる。そこで自然に会話が生まれる。わが子はまだ気付いていないが、赤ちゃんの持っているパワーは凄い。

先日は中国人だと思われるアジア人の家族に遭遇した。「ニーハオ」と我々に話しかけてきた。向こうも稀に見るアジア人家族を見て話しかけたくなったのだろう。遭遇とは言っても数メートルの道を挟んでの挨拶だったため会話は生まれず、また次回への持ち越しとなった。このエリアではアジア人はほとんど見ないため、アジア人家族の間ではある種の共通意識が自然に生まれる。

昨晩は近所を散歩していて、日本に3年ほど住んでいたという白人の女性に会った。人見知りが始まり鳴き始めるわが子をあやしながら、数分間の楽しい会話が生まれた。妻の出身地やいつごろこちらに引っ越してきたのか、どこに住んでいるのか、という話である。その女性は餅と団子が好きなのだという。明らかに親日で、また近い将来会えることを楽しみにしている。

30分後

完成!

20170804_134021

赤ちゃん服の日米比較

離乳食を食べるようになった我が子。体もどんどん大きくなってゆく。夜でも暑いここセントルイスでは夜中に汗をかいていることが少なくなく、着替えも頻繁である。着替えさせるときにその服の特徴など気付くときがある。

わが子は生まれてくる数週間前に私たちの友達から愛のあるシャワーを浴び、その時に沢山の洋服をもらった。中にはもう小さくなってしまったものもあるが、とても助かった。出産にあたり、家族からも洋服をもらい未だに着続けている。そしてネットや、地元のカーターズでも数枚購入した。

個人的な意見では、アメリカのベビー服は一般的にきつくできており、あまり身動きが取れない。ボタンの数も多く、真夜中に暗い部屋で小さなボタンをとめることになる。また、夏服でも少し厚くでてきるので汗もより頻繁にかいている気がする。

一方で日本のは、特に赤ちゃん本舗の薄めのベビー服は私のお気に入りで、ボタンの数も少なく、薄くできており、着替えも簡単だ。比較的上手にスペースを使っているので、赤ちゃんの身動きもより簡単にできる。

というわけでベビー服は日本のがとても良い。

アメリカで赤ちゃんを連れて街を歩くと…

アメリカで子供を育てるのは中々面白い。

うちの子をベビーカーに乗せて街を歩くと、ほぼ毎回、見知らぬアメリカ人から声をかけられ、赤ちゃんを見せてと言われる。

喜ばしいことなのでこちらも応じるが、ほぼ毎回、「あら可愛いねー」から「いま何ヶ月?」から「名前は何?」から色々聞かれる。そして最後は必ず、「Have a blessing day (では良い・恵まれた一日を)」という感じで終わる。

どこ行ってもそうである。スーパーで食材を探していても、ホームセンターでクーラーのフィルターを探していても、全く知らない人が男女問わず笑顔で近づき、「赤ちゃん見せて」と言ってくる。

大体2・3歳くらいに見える、歩き始めただろうと思われる小さな子供達もうちのベビーカーを見つけるや否や、「あっ赤ちゃんだ、ベビーだ」と言いながらニコニコこちらを見て、話しかけてくる。つい最近までその子達が赤ちゃんだったのに、そう言ってくる。可愛いものである。

大人の場合は知らない人なのでこちらも多少は警戒し、話し方やボディランゲージで多少のシグナルを送り、赤ちゃんに触らせたりすることはしない。そして向こうも多少は顔を近づけて赤ちゃんをよく見ようとするが、特に触ろうともしてこない。

アメリカで子供を育てるのは中々面白い。

「トランプのドゥテルテ外交は日本の防衛にどう有利に働くか」が出版されました@治安フォーラム

07101838_59634b23530bc連載させて頂いている「治安フォーラム」にて、拙著「トランプのデゥテルテ外交は日本の防衛にどう有利に働くか」が掲載されました。

今回はフィリピンのデゥテルテ大統領とアメリカのトランプ大統領という、最近トップの座に躍り出た首長の特徴を分析し、この二人が今後どのような関係を築くのか、そしてそれが日本にとってどのような意味をもたらすのか、という問題について考えました。

興味のある方はぜひどうぞ。
月別アーカイブ